SBIバーチャル・カレンシーズ、仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE」開始

SBIバーチャル・カレンシーズが6月4日より、仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE」の提供を正式に開始ました。

仮想通貨は先行してXRPを取り扱い、順次、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)へと拡大する予定です。システムは、SBIジャパンネクスト証券のPTSにて運用実績のある米国の証券取引所NASDAQの取引システム(マッチングエンジン)を利用。また、セコムトラストシステムズとウォレットの運営に関して提携し、サービスを提供します。

サービスは、2017年10月に口座開設の申込みを先行予約した2万名超を対象に開始し、取引に必要なパスワード等を順次郵送します。一般の口座開設の申込み受付は、2018年7月中に開始予定です。

取引時間7:00~翌日6:00。決済通貨は日本円です。取引手数料は無料。なお、出金時には出金手数料がかかります。

https://www.sbivc.co.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。