見出し画像

インドネシア、仮想通貨の取引者数がまもなく証券取引所を超える

インドネシア国内にある一つの仮想通貨取引所において、登録するユーザー数が国立証券取引所の登録者数をまもなく上回ると見られています。海外メディアのCCNが伝えています。

仮想通貨取引所のIndonesia Digital Asset Exchange(INDODAX)の登録ユーザー数は2018年末までに150万人に到達する見込みで、毎日何千人もの新規ユーザーが新たに登録を行っているとのこと。INDODAXは2014年に開設され、現時点で114万人のユーザーがいるということです。

一方、106年の歴史を持つインドネシアの国立証券取引所であるIndonesia Stock Exchangeにおいて、登録されている人の数は118万人。取引されている額は合計でおよそ5,200億ドルとされています。現在取引されている仮想通貨の合計額は約3,550億ドルであるものの、相場が上がっていた今年の1月には、その合計額は約8,300億ドルとなっており、証券取引所の合計額を超えていました。

現在、インドネシアでは仮想通貨への規制等は行われておらず、その市場規模は成長を続けているとのこと。今年の1月、同国の中央銀行は自国民に対し、その大きなリスクから仮想通貨の取引をしないように求める声明を発表していましたが、これが大きく人々の行動に影響することはなかったようです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。