見出し画像

ペトロを発行したベネズエラ、来週第二の仮想通貨を発行へ

2月20日に先行販売を開始した、ベネズエラの仮想通貨ペトロですが、ニコラス・マドゥロ大統領はペトロに続く第二の仮想通貨となる「ペトロ・オロ」を来週発行することを明らかにしました。政府メディアのTelSsurが伝えています。

ペトロはベネズエラ政府が発行し、その価値を石油が裏付けするとされていますが、今回発表されたペトロ・オロ(オロはスペイン語で金の意味)は、その名の通りその価値を金で裏付けするということです。マドゥロ大統領はベネズエラのナショナルシアターで開かれた党大会において「ペトロは石油によって支えられるというユニークな仮想通貨だ。そしてサプライズがある。私は来週、ペトロ・オロを発行する。金によって支えられるので、より強力だ」と声明を出したということ。

ペトロは発行開始から一日で7億ドル以上の調達に成功したことが伝えられていました。ベネズエラは米国による経済制裁も影響し、ハイパーインフレーション状態。通貨であるボルバル・フエルテの価値が大暴落しています。ペトロの発行は、財政破綻状態にあるベネズエラ政府によるICO詐欺だと伝えるメディアも多く出て来ており、今回の発表によりその信ぴょう性がより不確かなものになったのではないでしょうか。

Cointelegraph
https://cointelegraph.com/news/after-releasing-oil-backed-petro-venezuelan-president-hints-at-gold-backed-petro-oro

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。