見出し画像

オーストラリア、国内1,200箇所の売店で仮想通貨が購入可能に

3月1日より、オーストラリア国内の1,200箇所以上の売店でビットコインとイーサリアムの購入が可能になったと、現地メディアの9Financeが伝えています。

購入の際に店頭で必要なのは、現金、電話番号、そしてメールアドレスの3つということ。最低50豪ドル(約4,000円)から購入できるということです。これを実現したのは、仮想通貨取引所のbitcoin.com.auによるもので、店舗における仮想通貨購入インフラの構築を2016年の中旬から進めていたということです。bitcoin.com.auのCEOであるRupert Hackett氏によると、仮想通貨を実際の店舗で販売することにより、消費者の信頼を得ることができると語っています。

実際に購入する場合、購入希望者は事前にデジタルウォレットをスマートフォン上、パソコン上、または自宅のコールドストレージに準備する必要があるということです。購入の際は店舗でQRコードを提示し、店員がiPad Miniを使用しそれをスキャン。購入手続きが終了したら、通常20分以内にウォレット内に仮想通貨が入金されるということです。

bitcoin.com.auは3月1日に限り購入手数料を無料としていましたが、以後は5%の手数料がかかるとのこと。Hackett氏は「ついに飲み物や文房具を買う場所でビットコインやイーサリアムを購入できるようになりました。仮想通貨もかなり一般的なものになったと言えるでしょう」と述べています。

9Finance
https://finance.nine.com.au/2018/03/01/16/28/more-than-1200-newsagents-to-offer-ethereum-buying-service

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。