見出し画像

バイナンス、マルタにオフィスを開設へ

仮想通貨取引所大手のバイナンスは23日、EU加盟国でもある欧州の島国マルタに新たなオフィスを開設する計画があることを明らかにしました。

バイナンスは香港の仮想通貨取引所で、その取引額は世界最大。マルタの地元銀行と提携し、リアル通貨から仮想通貨への両替を行えるようにする計画ということです。バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏によると、マルタ政府から招待を受け、すでに現地視察を行ったとのこと。

地元紙によると、マルタでは今年の2月、政府がブロックチェーン技術、仮想通貨、ICOが合法であることを保証するためMalta Digital Innovation Authorityを設立。総理大臣のJoseph Muscat氏もツイッター上でバイナンスを歓迎するツイートを行なっています。これに対しZhao氏もツイッター上で返事をしており、マルタが仮想通貨やフィンテックにとって、とても革新的な場所だと述べています。

バイナンスは最終的に200名を雇用する計画だとのこと。

バイナンスは日本において無登録で営業していたことがわかり、金融庁から警告を受けています。これにより、仮想通貨業界では、バイナンスが規制が厳しい中国や日本を離れ、欧州に居場所を求めているようだと報道されているようです。

Binance, The World’s Largest Crypto Exchange, Announces Investment In Malta.(Official)
https://medium.com/binanceexchange/binance-the-worlds-largest-crypto-exchange-announces-investment-in-malta-4c7e51136563

Bloomberg
https://www.bloomberg.com/amp/news/articles/2018-03-23/the-world-s-biggest-cryptocurrency-exchange-is-moving-to-malta?__twitter_impression=true

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。