見出し画像

仮想通貨を持っていない人、今後半年以内の購入予定はわずか4%

仮想通貨を今現在保有していない人にとって、仮想通貨は魅力的な投資先と映っていないようです。海外メディアのCryptonewsが伝えたところによると、調査の結果全体の75%の人が仮想通貨について聞いたことがあると答え、50%が仮想通貨がなんだか知っていると答えたものの、仮想通貨を保有していない人で今後半年以内に仮想通貨の購入予定がある人はわずか4%にとどまっているということです。

今回の調査を行なったのは、ドイツ・ベルリンに拠点を持つベンチャー企業のDalia。調査の対象となったのは、世界で最も仮想通貨が普及している8カ国から29,492人。該当する国は、米国、英国、ドイツ、ブラジル、日本、韓国、中国、そしてインドです。

仮想通貨について聞いたことがあると答えた人の割合が特に高かったのは韓国(87%)と日本(83%)で、これらの国では仮想通貨が何なのか理解していると答えた人も多かったとのこと。

しかしそれとは逆に、今現在仮想通貨を持っていない人を対象に、今後半年以内に購入の予定があるか聞いたところ、8カ国平均は4%だったものの、韓国はわずか2%、日本は3%という結果に。仮想通貨について知っていれば知っているほど、今後購入する可能性が低くなるという結果になっています。

Cryptonews
https://cryptonews.com/news/4-of-nocoiners-plan-to-buy-cryptocurrencies-survey-1753.htm

Daila
https://medium.com/daliaresearch/how-many-people-actually-own-cryptocurrency-4ff460301520

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。