見出し画像

英バークレイズ銀行、引き続きクレジットカードによる仮想通貨の購入を容認

先日、英国の大手銀行であるロイズ銀行がクレジットカードによる仮想通貨購入を禁止したことが大きく報道されましたが、同じく英国の大手銀行であるバークレイズ銀行は、同銀行のクレジットカードを使い仮想通貨を購入することが引き続き可能であると、英メディアBBCが伝えています。

これはロイズ銀行の動きに関し、BBCが他の大手銀行に送った質問状に答えたもの。バークレイズ銀行によると、同銀行のクレジットカード、デビットカードによる仮想通貨の購入は引き続き問題なくできるということです。また、同銀行の広報担当者は、不審な取引を発見・予防するだけでなく、クレジット限度額の上限を引き上げる際には事前に余裕があるか確認するなど、予防策を取っているとしています。

しかしロイズ銀行などに続き、クレジットカードによる仮想通貨購入を禁止する動きも見られます。英国で約400万人の顧客を持つヴァージン・マネーはロイズ銀行と同様、クレジットカードによる仮想通貨購入を禁止しました。ロイズ銀行と同様、顧客の資産を守るためだとしています。デビットカードでの購入は引き続き可能ということです。

クレジットカードによる仮想通貨購入禁止は、英国と米国を中心に広がりつつあります。

BBC
http://www.bbc.com/news/business-42940728

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。