見出し画像

フィンランド財務省、ビットコインの安全な保管方法を模索中

フィンランドの財務省は、これまでに押収されたおよそ2,000ビットコイン(約22億円)の安全な保管方法を模索中ということです。海外メディアのBloombergが伝えています。

フィンランド政府は今週の火曜、公共機関がオンライン上で仮想通貨を保有することを禁止する声明を発表していました。これにより、インターネットに繋がれていない状態で仮想通貨を保管する必要が出てきたということです。現在財務省で保管されているビットコインは、ほとんどが2016年以降に押収されたもので、今までどのように保管されてきたかは明らかにされていません。

また、先日発表された声明ではフィンランド当局はビットコインを含む仮想通貨を通貨とは認めず、支払いや投資などには利用できないことも明言されているということです。CCNが伝えたところによると、先月フィンランドでは「通貨テスト」が行われ、これにビットコインは不合格。フィンランド銀行のPaeivi Heikkinen氏はビットコインについて「法的に公式通貨の定義を考えれば、(ビットコインは公式通貨では)ない。また、支払いの手段でもない。なぜなら法律では支払いの手段はその実施の責任を取る発行者が必要とあるからだ。現状では、(ビットコインは)商品のようなものだ」と語っており、通貨としての利用を認めない考えを明らかにしています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。