見出し画像

F1にブロックチェーン技術参戦か?ウィリアムズF1が発表

世界最高峰のモータースポーツ、フォーミュラ1(F1)。最先端の技術が使用され、その極限の速さを競うこの場においても、ブロックチェーン技術が導入される可能性が高まっています。海外メディアのCryptonewsが伝えています。

ブロックチェーン技術の導入を進めていると発表したのは、名門チームのウィリアムズF1。イギリスを拠点とし、フランク・ウィリアムズとパトリック・ヘッドによって1977年に設立され、以来年間チャンピオンの獲得回数は16回、レース優勝回数は114回にも上っている実力派チーム。フェラーリやマクラーレンと並ぶ名門チームとしても知られています。

ウィリアムズF1は常に最新技術の導入を積極的に行なっており、今回、ミドルウェア・テクノロジー企業のOmnitudeとの協力関係を発表。チームのオペレーションにおいて、ブロックチェーン技術をどのように活用していけるか検討を始めたということです。

ブロックチェーン技術の導入を表明したF1チームは、ウィリアムズF1が初。まだ具体的にどのように活用されるのかは不明であるものの、仮想通貨やブロックチェーン技術の発展が世界中で急速に進んでいることもあり、今後の展開が期待されます。

Cryptonews
https://cryptonews.com/news/blockchain-finds-its-place-in-formula-one-1723.htm

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。