見出し画像

韓国の大手仮想通貨取引所、シンガポールでICO実施へ

韓国の大手仮想通貨取引所であるBithumbは、「Bithumb Coin」と呼ばれる新たな仮想通貨を発行するため、ICOを実施する計画があることを明らかにしました。現地メディアのTokenPostが伝えています。

この報道によると、ICOが韓国内で禁止されているため、Bithumb CoinのICOはシンガポールで行われるとのこと。Bithumb Coinは大口投資家を対象とした仮想通貨になる計画ということですが、その開始時期などの詳細はまだ明らかにされていません。

海外メディアのCointelegraphによると、仮想通貨取引所自体が新たな仮想通貨を発行するということは以前にもあり、今年の1月には中国の仮想通貨取引所Huobiが「Huobi Token(HT)」を発行する計画を発表していました。ただ、このHTではICOは行わず、対象のプラットフォーム上で取引を行う人たちのみ受け取ることができるようになるというものだったということです。

韓国では詐欺防止の観点から、昨年9月にICOの禁止がアナウンスされています。しかし今年の3月、韓国政府は一部の金融機関に限りICOを許可するという計画があることも明らかとなっており、その情勢は混乱しています。そのためか、韓国の仮想通貨取引所の多くは支社を海外に設立し、リスクの低減に勤めているということです。

TokenPost
https://tokenpost.kr/article-2296

Cointelegraph
https://cointelegraph.com/news/south-korean-crypto-exchange-bithumb-to-issue-own-token-in-singapore

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。