見出し画像

ポーランド中央銀行、秘密裏に反仮想通貨動画を制作・公開していたことが明らかに

ポーランドの中央銀行は、ポーランドのYoutuberであるMarcin Dubiel氏が昨年12月に投稿した「すべてのお金がなくなった!?(STRACIŁEM WSZYSTKIE PIENIĄDZE?!)」という動画制作のため、資金を出していたことを認めたと、ポーランドのニュースサイトmoney.plが伝えています。

ソーシャルメディアで行われたこの反仮想通貨キャンペーンは、ポーランド中央銀行がポーランドのYoutubeパートナーネットワークGamellonと、Google Ireland、Facebook Irelandと協力し、91,000ズウォティ(約290万円)をかけて制作されたもの。

制作された動画は、登録者数90万人以上のDubiel氏のYoutubeチャンネルで公開された他、150万人以上が登録するポーランドの別のYoutubeチャンネルでも公開されています。しかし動画制作にあたり、資金提供がされていることは一切記載されていませんでした。この動画は若い男性がすべての所持金を使って仮想通貨に投資し、すべてを失うというストーリーになっており、すでに50万回以上再生されています。動画には1万の高評価がついているものの、低評価も7,000ついており、Dubiel氏の他の動画と比べても低評価の割合が非常に高くなっています。

ポーランド政府は、昨年2月に仮想通貨の取引と採掘(マイニング)を経済活動と認める声明を出していましたが、それ以来目立った動きはありませんでした。

money.pl
https://www.money.pl/gospodarka/wiadomosci/artykul/kryptowaluty-kampania-nbp-knf,65,0,2398529.html

STRACIŁEM WSZYSTKIE PIENIĄDZE?! (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=Q7GZeyXAFzo

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。