見出し画像

ブロックチェーン技術、一番の被害者はスイス銀行?

仮想通貨とブロックチェーン技術。中心となって管理する組織がないため、安全性・手数料の低さと言ったメリットが強調され、投資目的だけでなく、今後ますます発展するであろう国際取引の場での活用にも注目されています。しかし、これによる「最大の被害者」がスイス銀行になるだろうと、米国の民間格付け機関ムーディーズが指摘していると、海外メディアのCryptonewsが伝えています。

ムーディーズが発表したレポートによると、ブロックチェーン技術により国際送金が高速化し安価になることはすべての銀行にとって有益となるものの、これによって受け取る手数料が低くなってしまうという負の面を指摘しています。

世界中の多くの銀行がブロックチェーン技術の活用を進めており、高速な国際送金が可能となります。そして今まで必要だった、国際送金を保証する第三機関が不要となることから、この業務を主に請け負っていたスイス銀行が一番大きな打撃を受けるだろうと指摘しています。

スイス銀行は昔から世界のハブ銀行として知られていると同時に、スイスは仮想通貨やブロックチェーンにも優しい国として言われています。実際、仮想通貨関連の企業も多く、多くの企業が政府からの介入なしに業務を行なっているということです。

仮想通貨、そしてブロックチェーン技術が急速に広がりつつある現代。今後のスイス銀行のあり方が問われそうです。

Cryptonews
https://cryptonews.com/news/blockchain-may-hurt-swiss-banking-the-most-says-moody-s-1594.htm

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。