見出し画像

ブロックチェーン技術を利用したデジタルアセット流通プラットフォーム「クリプトカード」発表

コンセンサス・ベイスは、トレーディングカードなどの知財をデジタルアセットとしてブロックチェーン上に登録・発行・流通できるようにするデジタルアセット流通プラットフォーム「クリプトカード」を発表し、第一弾サービスを開始しました。

「クリプトカード」は、改竄がほぼ不可能な形で記録・流通できるブロックチェーン技術を利用し、トレーディングカードなどのデジタル化された知財をデジタルアセットとしてイーサリアム上に登録・発行・流通できるように構築されたデジタルアセット流通プラットフォームです。トレーディングカード以外にも、アイテム、スキン、イラスト、写真などのデジタル化された知財を販売できます。

デジタルアセットは、ゲームサービス終了後もブロックチェーン上に存在し、価値が持続します。デジタルアセットの発行数は、ブロックチェーン上に開示され、発行数の管理が可能。今後、ERC721(シリアル番号付与・管理機能)にも対応するとしています。

また、クリプトカードプラットフォームを利用した第一弾サービスとして、同社が発行者となるトレーディングカード販売サービス「CryptoCards」のβサイトを公開。まず、日本居住者を対象に、イーサリアムのRopstenテストネットにて、利用者が仮想通貨Ether(イーサ)と交換に、発行者からカードを購入できるトライアルサービスを開始します。今後、日本国内外の規制等外部環境をふまえながら、順次サービス機能を拡充していく予定です。

「CryptoCards」βサイト
https://crypto-cards.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。