見出し画像

世界初となる不動産売買管理システム「ブロックチェーン登記」開始

不動産関連アプリケーションの開発・運営を行うZWEISPACE JAPAN は、不動産業界へブロックチェーンを活用した先進事例として、特許取得済みの不動産売買管理システムの提供を先週より開始しました。

今回、不動産仲介市場を効率化するアプリケーション「お不動くん(商標登録)」を公開し、不動産ブロックチェーン機能の第一弾としてブロックチェーン登記を発表しました。不動産取引のブロックチェーン登記は、世界初となります。

ブロックチェーンを利用することで、公的機関で登記を行う場合に一週間程度のタイムラグがあり、深夜や休日、祝祭日の受付ができないという課題がある不動産の登記が、ほぼ即時に登記され、24時間365日の受付が可能になります。また、直近の登記申請状況の確認が可能となるなど、利便性が高まるとのことです。

同社の取得済み特許は、IoT情報をブロックチェーンに書き込む仕組みを搭載しており、大手企業も被害にあったとされる地面師などによる不正取引など、公正証書の偽造といった通常の記録だけでは解決できない問題についても、包括的な解決策を提供できるようになっているとしています。

同社では今後、数か月間にわたり、不動産取引・賃貸管理に関するさまざまなアプリケーションを順次リリースしていく予定です。既にブロックチェーンに不動産取引情報等の登記を行っており、PRESI他、各不動産会社パートナーと連携し、プロジェクトを進めていくとしています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。