見出し画像

トランプ大統領のペトロ禁止令でペトロへの投資者が2倍に!?

ベネズエラ政府が発行する仮想通貨ペトロ。石油でその価値を担保するというその独自性と、米国から経済制裁を受けているベネズエラ政府が発行するということで大きな話題となりましたが、発行開始後に米国のトランプ大統領は「ペトロ購入禁止令」を発動したことが、先日大きく報道されました。これにより、米国民はペトロの購入ができなくなるという事態になっています。

ペトロを使い経済制裁によるダメージを小さくしようと計画していたベネズエラ政府からすると、出鼻をくじかれたかのように映るこの動きですが、どうやら実際は違う様子。ベネズエラのブロックチェーン監視所の代表であるDaniel Peña氏は、ベネズエラ国内の新聞のインタビューに応じ、その中でトランプ大統領による「ペトロ禁止令」を「タダでペトロを宣伝してくれた」と述べており、実際ペトロへの投資を行う人の数が2倍に増えたことを明らかにしているというのです。

Peña氏はこのインタビューの中で、仮想通貨とブロックチェーン技術が人類の進歩において不可欠なものであることを指摘。ベネズエラは、そういった面で正しいことを行なっているとも語っているということです。

また、Peña氏は米国がペトロに対しこのような「攻撃」を行うことは予見しており、この禁止令がペトロに与えた悪影響は皆無であったこと。むしろその認知度を広げる役割を担ってくれたと話しています。また、この禁止令により、より多くの米国民がペトロに興味を持ってくれたようだとも語っているということです。

CCN
https://www.ccn.com/free-publicity-venezuela-thanks-trumps-petro-ban-for-doubling-investors/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。