コインチェック、一部仮想通貨の出金、売却を再開

コインチェックは、仮想通貨取引サービス「Coincheck」の一部仮想通貨の出金、売却を3月12日より再開すると発表しました。

Coincheckは、不正アクセスにより仮想通貨NEMが外部に不正送金され、サービスの一部を一時停止していましたが、外部専門家の協力のもと、仮想通貨の出金・売却について技術的な安全性等の確認が完了したとのこと。これを受け、3月12日より一部仮想通貨の出金・売却を再開しました。

出金再開対象仮想通貨はETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC、売却再開対象仮想通貨はETH、ETC、XRP、LTC、BCH(BTCは当初より停止なし)です。まずは、一部仮想通貨の出金・売却の再開から実施しており、入金、購入は対象外となります。今後、技術的な安全性等の確認を完了した機能から順次再開するとのことです。

なお、資産保護のため、これまでの送金申請が全てキャンセルとなります。また、仮想通貨ネットワークの混雑状況により、送金手数料が変更となる場合があるとしています。

全ての仮想通貨の入金、購入、新規登録等に関しては、経営管理態勢及び内部管理態勢が整い次第、再開するとのことです。

一部仮想通貨の出金、売却再開のお知らせ(コインチェック)
http://corporate.coincheck.com/2018/03/12/48.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。