見出し画像

欧州委員会、7カ国がブロックチェーン・パートナーシップに署名せず

4月10日、欧州委員会は、欧州22カ国(欧州連合(EU)参加国でないノルウェーを含む)が「欧州ブロックチェーン・パートナーシップ」に署名をしたことを明らかにしました。海外メディアのCryptonewsが伝えています。

今回署名に参加しなかった国々も、欧州委員会から招待は受けているということです。今回のパートナーシップにより、加盟国は欧州委員会の多大な協力を得ることができ、人々のためになるブロックチェーン技術の開発を円滑に進めて行くことが可能になるとしています。

このパートナーシップに加盟しなかった国は、クロアチア、キプロス、デンマーク、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、ルーマニアの7カ国。加盟しなかった理由について、欧州委員会はその理由を明らかにしていません。

これらの非参加国はブロックチェーン技術に興味がないという訳ではなく、実際、クロアチア、キプロスなどでは、仮想通貨の管理組織の設立や、教育などに力を入れているということです。デンマークは北欧諸国同様、ブロックチェーン技術開発に積極的であり、研究、教育という面ではギリシャ、ハンガリー、イタリア、ルーマニアも遅れをとっているということではないということです。

これらの理由から、7カ国が署名を行わなかった理由は不明。ただ、今回のパートナーシップに加盟することで、EUの法律に沿って、欧州全体に利益をもたらす開発が求められるようになるということです。

Cryptonews
https://cryptonews.com/news/blockchain-partnerships-for-eu-countries-but-not-everyone-1565.htm

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。