見出し画像

ウクライナ、仮想通貨の合法化に向けた草案がFacebookで公表

東欧ウクライナの政治家であるAlexei Mushak氏は、自身のFacebookページ上で、仮想通貨を合法化する法律の草案を公表しています。海外メディアのCointelegraphが伝えています。

Mushak氏は草案を公表すると同時に、この草案を見た人に幅広く意見を募集しています。草案の中では、この法律の目的をウクライナ国内における仮想通貨の自由で透明性のある市場を構築することであると明記されており、マネーロンダリングやテロリストへの資金流入、その他の犯罪行為への関与を取り締まる基準となるものも定めています。

草案ではブロックチェーンに関する記載もあり、この技術をPRの手段や国民の健康、そして教育に活用していくことも明記されています。

Facebook上でこの草案が公表されて以来、修正されるべき箇所など、多くのコメントが草案に直接つけられており、中には世界的にICOを使った詐欺が横行していることもあり、ICOを規制することを提案するコメントも見られます。

仮想通貨の規制を厳しくする国もある中、このように仮想通貨を合法的に広めていこうとする国もあるのが現状です。今後世界的な流れとしてどうなっていくのか、注目する必要がありそうです。

Cointelegraph
https://cointelegraph.com/news/ukraine-to-legalize-cryptocurrencies-invites-citizens-to-comment-on-proposed-regulations

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。