見出し画像

ブロックチェーンなど新世代の金融インフラを検討・・・証券会社など35社が「証券コンソーシアム」設立

証券会社を中心とする35社が「証券コンソーシアム」を設立しました。

証券コンソーシアムは、基礎技術の研究と共通基盤の構築を推進し、分散台帳技術(DLT/ブロックチェーン)や生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行う目的で設立されました。

コンソーシアムに参加する各企業の知見を結集し、先端技術の早期商用化、業務効率化によるコスト削減、証券サービスの利便性向上による「貯蓄から資産形成へ」の流れを促進することを目指します。

さまざまな技術の研究と商用化に向けた検討を行うことを予定していますが、特に仮想通貨の基盤技術を起点としつつも、金融機関システムの安定性と柔軟性、効率性を高める可能性を持つ分散台帳技術の可能性に着目しているとしています。

コンソーシアム発足後も継続的に参加申し込みを受け付けるとしており、参加会員は今後も増加する見込みです。

■証券コンソーシアム参加企業
藍澤證券
今村証券
岩井コスモ証券
エイト証券
SMBC日興証券
SBI証券
岡三オンライン証券
岡三証券
岡三証券グループ
カブドットコム証券
QUICK
GMOクリック証券
証券ジャパン
スマートプラス
セコム
セコムトラストシステムズ
だいこう証券ビジネス
大和証券
東海東京フィナンシャル・ホールディングス
東洋証券
内藤証券
日本電気
野村総合研究所
野村ホールディングス
日立製作所
ポラリファイ
松井証券
マネックス証券
丸三証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
むさし証券
楽天証券
ワイジェイFX
One Tap BUY

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。