見出し画像

仮想通貨取引依存症の治療センター、スコットランドに開設へ

「仮想通貨取引依存症(Crypto trading addiction)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?つい最近作られた言葉で、仮想通貨の取引をやめられなくなってしまうという症状として、世界中でその姿を現しはじめているようです。

そんな仮想通貨取引依存症のための治療センターが、イギリス・スコットランドにあるキャッスル・グレイグ病院に開設されることになると、海外メディアのCryptonewsが伝えています。

この病院ではすでに薬物依存症とアルコール依存症などの治療を行っており、ギャンブル依存症のために開発された治療技術を使用し、仮想通貨取引依存症の治療を行う予定だと発表しています。仮想通貨取引依存症はギャンブル依存症と同じ症状を見せ、仮想通貨の相場が大きく上下することから、取引する人に興奮と現実からの逃避感を与えていると、キャッスル・グレイグ病院のギャンブルセラビストであるChris Burn氏は述べています。

治療に当たるのはTony Marini氏を始めとするセラピストたちで、Marini氏はギャンブル依存症とコカイン依存症の治療をこれまでに行ってきたとのこと。氏本人も過去に依存症にかかっていたことから、患者たちのことをよく理解できると述べており、治療の第一歩として他の依存症患者と同様、自分の人生を他者と共有することから始めることになるとしています。

イングランドのノッティンガム・トレント大学でギャンブル学を研究するMark Griffiths教授によると、仮想通貨取引依存症はそれ単体の依存症ではなく、ギャンブル依存症の一種であり、外貨や株のオンライン取引依存症と同様であると述べています。

Cryptonews
https://cryptonews.com/news/crypto-trading-addiction-treatment-centre-opens-in-scotland-1876.htm

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。