見出し画像

仮想通貨の購入動機は直近購入層「お金儲け」、初期購入層「仮想通貨技術への興味」

博報堂金融マーケティングプロジェクトは、1万人を対象にした「仮想通貨に関する生活者調査」を実施し、その結果を発表しました。

仮想通貨の購入経験を調べたところ、購入経験者は全体の4.6%となる466人でした。次に、その中から購入開始時期の違いで「2017年1月以前(初期購入層)」「2017年2月~12月(中期購入層)」「2017年12月以降(直近購入層)」の3グループに分け、それぞれの特徴を調査しました。

その結果、初期購入層の購入動機は「ブロックチェーン・仮想通貨技術への興味」が最も多かったことが明らかになりました。「ゲーム内通貨として利用した」や「友人等への送金に利用した」と回答した割合が他のグループよりも高くなっています。

中期購入層、直近購入層の購入動機を見ると、「お金儲け」が1位にランクイン。2位は「資産形成」で、直近購入層の8割以上が「仮想通貨での支払経験がない」と回答しています。

また、3グループ間で保有金融資産(株式、投資信託、FX、預金等含むすべての資産)やウォレット使用状況にも違いがみられました。仮想通貨購入者の保有金融資産の平均は1,538万円でしたが、初期購入層は2,845万円と平均を大きく上回っています。一方、中期購入層、直近購入層の保有金融資産は、1,095万円と1,405万円となっており、平均を下回る結果となりました。

ウォレットの利用状況については、初期購入層は他の2グループと比べ、取引所のウォレットを利用している人の割合が最も低く、ウェブウォレットを利用している人の割合が最も高いことがわかりました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。