見出し画像

マルウェアによる仮想通貨マイニングが中国で拡散中…すでに16人逮捕

他人のコンピュータにマルウェアを感染させ、仮想通貨を採掘(マイニング)するという犯罪が、世界中で拡散しています。海外メディアのCCNによると、仮想通貨の一つであるMoneroの流通量のうち、実に5%はこのような犯罪行為によって採掘されているということです。

この度、中国でサイバー犯罪者たちがコンピュータのメンテナンスを請け負う会社と共謀し、ネットカフェのコンピュータにマルウェアを感染させ、実に80万ドル分にもなる量のSiacoinを採掘させていたと伝えられています。

地元紙の報道によると、黒幕はネットカフェ用のソフトウェアを提供するJinHuaという会社で、これにより感染したネットカフェのコンピュータは計10万台超。多くの採掘マルウェアはバレにくいようにその性能を抑えていますが、このマルウェアはコンピュータの演算能力をフルに使用していたことから、ネットカフェ内のすべてのコンピュータの動作速度が劇的に落ち、発見に至ったということです。

これに関与したとして、これまでに16人が逮捕されているとはいうものの、このマルウェアは今でも拡散を続けており、すでに中国国内30の都市に広がっているとのこと。100以上のコンピュータメンテナンス会社が、これに関与していると見られているということです。

CCN
https://www.ccn.com/siacoin-mining-malware-generates-nearly-1-million-in-china-based-attack-16-arrested/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。