見出し画像

リップル、世界中の大学に5,000万ドルを寄付…ブロックチェーン技術普及のため

ブロックチェーン技術を利用した決済システム「リップル」を運用するリップル社は、世界中17の大学に総額5,000万ドル(約55億円)の寄付をすると海外メディアのCCNが伝えています。

リップル社によると、寄付の目的はブロックチェーン技術の普及を促進するためとしており、寄付は仮想通貨ではなくアメリカドルで行われるとのこと。寄付を受ける大学は米国のマサチューセッツ工科大学などの他、イギリスやルクセンブルグといったヨーロッパの大学だけでなく、南米ブラジルや南アジアのインド、そしてお隣韓国の大学なども含まれています。また、明らかにされた大学のリストによると、日本の大学は含まれていません。

リップル社は仮想通貨の普及を促進するため、これまでにも多くの投資をしてきている他、仮想通貨とは関係のない寄付も行ってきており、先月にはXRPで400万ドル(約4.4億円)分を絶滅危惧種の保護を行う団体に寄付しています。

ブロックチェーン技術は、健康医療、銀行、サプライチェーン管理、エンターテインメントなど様々な分野で広がりを見せており、今回の寄付により、その技術がより発展していくことが期待されています。

CCN
https://www.ccn.com/ripple-donates-50-million-to-17-universities-to-boost-blockchain-crypto-adoption/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

仮想通貨ビジネス総研

仮想通貨に関するビジネス情報を発信していきます。株式会社イード運営。 お問い合わせはこちら https://www.iid.co.jp/contact/coinbusiness_contact.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。